ギャラリー
 
写真家情報
林 忠彦
林 忠彦 はやし ただひこ

1918年、山口県徳山市(現・周南市)に、祖父が明治30年(1897)に開いた林写真館の長男として生まれる。戦中・戦後を通じ、雑誌のグラビアページを中心に第一線で活躍。太宰治や坂口安吾ら無頼派文士のポートレイトをはじめ、「居合抜きの写真術」とみずからいう、被写体と対決した人物写真で知られる。戦後の風俗を活写した作品集『カストリ時代』は代表作。長州路、東海道など、歴史の舞台を捉えた風景写真にも名作を残している。1990年没。