オブジャンビーチ サイパン 2005年4月©Ikuo Nakamura
オブジャンビーチ サイパン 2005年4月©Ikuo Nakamura
ギャラリー
 
海中から地球を見つめる
中村 征夫
中村 征夫 なかむら いくお

中村征夫は、独学で写真とダイビングを学び、国内外の海や自然、人びと、環境を精力的に取材し、海の中にも社会性のあるテーマを見出してきた。同時に「海のナチュラリスト」としての視点から生み出された作品群は、環境破壊の問題にも早くから警鐘をならしている。

1945年秋田県生まれ。1965年に独学で写真とダイビングを始め、1976年にフリーランスとなる。ライフワークの東京湾をはじめ、空港建設で揺れる石垣島・白保、北海道南西沖地震に遭遇し、九死に一生を得た奥尻島のフォトルポルタージュ、諫早湾のテレビリポートなど社会性のあるテーマにも取り組んでいる。主な受賞歴に、土門拳賞、木村伊兵衛写真賞、講談社出版文化賞、日本写真協会年度賞などがある。

オフィシャルホームページ >>> 中村征夫公式サイト  日本列島 知恵プロジェクト
 
著書

永遠の海

 
永遠の海

海への旅

 
海への旅

世界一の珊瑚礁

 
世界一の珊瑚礁
 
展覧会・その他

中村征夫写真展「海への旅 Light in the Blue」

 
中村征夫写真展「海への旅 Light in the Blue」

中村征夫写真展「永遠の海」

 
中村征夫写真展「永遠の海」