しんこ細工 東京・浅草雷門 昭和26-32年©Ken Domon
しんこ細工 東京・浅草雷門 昭和26-32年©Ken Domon
ギャラリー
 
昭和に巨歩をしるした写真の鬼
土門 拳
土門 拳 どもん けん

土門拳は、ドキュメント、人物、仏像、建築、風景、そのいずれにも忘れがたい作品を残し、日本の写真史に巨歩を記した。戦後いち早く「カメラとモチーフの直結」「絶対非演出の絶対スナップ」による「リアリズム写真」を提唱し、写真界に大きな影響を与えた。また、脳出血で倒れた後も車椅子での撮影を続け、完成したライフワーク「古寺巡礼」でも知られる。

1909年山形県生まれ。東京の宮内幸太郎写真場で修業後、日本工房に入社。戦後はフリーになり、1950年代には『カメラ』誌を舞台にリアリズム理論を展開し、写真集「筑豊の子どもたち」「ヒロシマ」などでその成果が結実する。1990年、逝去。1981年、土門拳賞が創設され、1983年には酒田市に土門拳記念館が開館する。芸術選奨文部大臣賞、菊池寛賞、紫綬褒章など受賞、受章多数。


オフィシャルホームページ >>> 土門拳記念館
 
著書

土門拳の室生寺

 
土門拳の室生寺

昭和のこども

 
昭和のこども

昭和

 
昭和

日本の自画像

 
日本の自画像

昭和の記憶

 
昭和の記憶

土門拳の古寺巡礼

 
土門拳の古寺巡礼

土門拳の昭和

 
土門拳の昭和
 
展覧会・その他

土門拳写真展「土門拳の古寺巡礼」

 
土門拳写真展「土門拳の古寺巡礼」

土門拳写真展「土門拳の昭和」

 
土門拳写真展「土門拳の昭和」

よみがえる不朽の名作「オールカラー版 土門拳の古寺巡礼」

 
よみがえる不朽の名作「オールカラー版 土門拳の古寺巡礼」