イラストレーター安西水丸展
~展覧会に合わせ、待望の初作品集刊行!!~

開催期間:2016年6月17日(金)~7月10日(日)会期中無休

会場:美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/


開館時間:10:00~20:00 ※ただし、6月20日(月)、21日(火)、27日(月)、28日(火)は10:00~19:30
入館締切:閉館30分前

入館料:一般800円 高・大学生600円 小・中学生400円


安西水丸(1942-2014)
東京生まれ。日本大学芸術学部美術学科造形コース卒業。
電通、ADA(ニューヨークのデザインスタジオ)、平凡社でアートディレクターを務めた後、フリーのイラストレーターになる。1985年朝日広告賞、毎日広告賞、1987年日本グラフィック展年間作家優秀賞、1988年キネマ旬報読者賞など受賞多数。小説『アマリリス』、『荒れた海辺』、エッセイ『青山の青空』、『スケッチブックの一人旅』、絵本『がたんごとんがたんごとん』、『ピッキーとポッキー』など著書多数。


安西水丸は、1970年代より長年にわたり多方面で活躍したイラストレーターです。漫画、絵本、小説やエッセイの執筆、翻訳など、枠にとらわれることのない多様な活動をしながらも、心には「イラストレーターであることの誇り」を常に持ち続けていました。彼の作品は画面の要素をできる限り削ぎ落としながらも、柔らかくユーモアに溢れ、ときに優しく、ときに鋭く、みる者を魅了しました。本展覧会では「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」と語る安西の幼少期から晩年に至るまでの足跡を、イラストレーションの作品を軸に辿ります。また、公私にわたり親しい間柄だった、嵐山光三郎、村上春樹、和田誠、三氏との仕事も紹介いたします。
特別展示として「身の回りの宝物(愛用品)」も公開します。ひとつの時代を風のように駆け抜けた安西水丸の大規模作品展を是非ご覧ください。


ギャラリートーク “水丸さんとのおもいで”
会場:美術館「えき」KYOTO
●6月18日(土)13:00~ ゲスト 嵐山光三郎氏(作家)
●6月22日(水)18:30~ ゲスト 小山薫堂氏(放送作家、脚本家)
※各回約30分。館内にてマイクを使用しお話をしていただきます。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさえていただく場合がございます。


主催:美術館「えき」KYOTO/京都新聞 
監修:安西水丸事務所 
協力:嵐山オフィス/村上事務所/和田誠事務所/東京イラストレーターズ・ソサエティ/SPACE YUI/クリエイションギャラリーG8(リクルートホールディングス)
企画協力:クレヴィス