開催期間:2017年3月25日(土)~5月14日(日)

会場:東京都写真美術館 B1F
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)金曜日のみ午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日:毎週月曜日(ただし5月1日(月)は開館)

観覧料:一般 800(640)円/学生 700(560)円/中高生・65歳以上 600(480)円 
※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

ギャラリートーク:会期中の毎週土日と5月3・4・5日 各日13時より開催

<特別対談>「たった一人の戦場」を語る 西原理恵子x長倉洋海
4月2日(日)14時~15時30分
東京都写真美術館1Fホールにて(定員190名・申込制)
*4月2日当日有効の観覧券をお持ちの方に、当日10時より1F受付にて入場整理券を配布いたします。
   
東京都写真美術館:http://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2614.html

【展覧会概要】
内戦、難民、貧困、差別……。どんな環境下にあっても、誇りを捨てず、たくましく懸命に生きる人々、そして子どもたち。
長倉洋海は、世界各地を訪れ、出会った人と時間をかけて深くかかわり合いながら、写真を撮り続けてきました。「メディアの流す情報や、経済・効率優先の原理からこぼれ落ちたものの中に、これからの時代を切り開く大きなヒントがある」。その信念のもとに捉えた37年間のドキュメント。作品一点一点が、見る人の心に深く静かに語りかけてきます。

長倉洋海(ながくら・ひろみ)
1952年、北海道釧路市生まれ。写真家。通信社勤務を経て、1980年よりフリーランスとなり、世界の紛争地を取材。 中でもアフガニスタン抵抗運動の指導者マスードやエル・サルバドルの難民キャンプの少女へスースなどを長期間に わたり取材。第12回土門拳賞、産経児童出版文化賞、日本写真協会年度賞、講談社出版文化賞などを受賞。 2004年に故郷・釧路の小学校を舞台に撮影されたNHKの「課外授業・ようこそ先輩ー世界に広がれ!笑顔の力」は カナダ・バンフの国際テレビ祭で、青少年・ファミリー部門の最優秀賞ロッキー賞を受賞。2006年には、フランス・ ペルピニャンの国際フォト・ジャーナリズム祭に日本人初の写真家として招かれ、「マスード敗れざる魂」を開催、 大きな反響を呼んだ。