「光の田園物語」
「光の田園物語」
 
「光の田園物語」
人と自然がともに生きる“里山”。
その中で生み出される豊かな営みを見つめ続けてきた写真家・今森光彦。琵琶湖を望む田園風景の中にアトリエを構え、四季折々に移り変わる田んぼや里山に集まる生き物、人の暮らしを撮り続けてきました。そんな今森光彦の新たな挑戦は、農家となり、荒れ果てた土地を里山環境としてよみがえらせること「。光の田園」と名付けた美しい棚田が広がる一角で、荒地を開墾し、生命力あふれる農地を取り戻そうと悪戦苦闘します。放置され続けた竹藪との壮絶な格闘、姿を現した古木や山の神々からの贈り物。
里山に生きる写真家が、〝未来に贈る美しい風景〞を取り戻すための挑戦の記録。

本体価格:2,500円
ページ数:208ページ
ISBN:9784909532305
サイズ:B5変型
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版
 
関連書籍

『オーレリアンの庭』

 

オーレリアンの庭

Aurelian 自然と暮らす切り紙の世界

 

「Aurelian 自然と暮らす切り紙の世界」

魔法のはさみ

 

『魔法のはさみ』