戦禍の記憶
戦禍の記憶
 
戦禍の記憶
20世紀は「戦争の世紀」といわれます。 二度にわたる世界大戦で人類の危機とでもいうべき
大量の殺戮と破壊をもたらした後も安寧を迎えることはなく、米国、旧ソ連を軸とする東西の冷戦に起因する
朝鮮戦争やベトナム戦争、ソ連のアフガン侵攻などが勃発しました。
21世紀を迎えてもなお、世界のどこかでひとときも収まることなく戦争が続いています。
戦争の悲惨な傷痕に今なお苦しむ声なき民に向きあい、平和の尊さを問いつづける大石芳野。
広島や長崎、沖縄、朝鮮半島に大きな傷を残している太平洋戦争の後遺症をはじめ、
メコンの嘆きと言われるベトナム、カンボジア、ラオスの惨禍、そして民族や、宗教・宗派の対立で苦しむ
アフガニスタン、コソボ、スーダン、ホロコースト……。
本展では約40年にわたり、戦争の犠牲となった人々を取材し、
いつまでも記憶される戦禍の傷にレンズを向けてきた作品160点を収録。
 
構成
第一章
メコンの嘆き
・ベトナム
・カンボジア
・ラオス

第二章
民族・宗派 宗教の対立
・アフガニスタン
・コソボ
・スーダン
・ホロコースト

第三章
アジア・太平洋戦争の残像
・731部隊
・広島
・長崎
・沖縄
本体価格:2,500円
ページ数:184ページ
写真点数:160点 
ISBN:9784909532183
サイズ:B5変型(縦265mm×横195mm)
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版