『オーレリアンの庭』
 
『オーレリアンの庭』
里山を愛する写真家が贈る、生命(いのち)の庭の物語。
オーレリアンとは蝶を愛する人たちのこと。
長い歳月をかけて作り上げた「オーレリアンの庭」は、
生きものが集まる奇跡の庭だった。

写真家であり、切り絵作家でもある今森光彦は
豊かな里山環境の中にアトリエを構え、生きものが集まる庭(オーレリアンの庭)を作りながら〝人と自然との関わり”を考え続けています。
本書では、美しく移ろいゆく四季の中、生きものと共生する庭を通じ、身近な自然を暮らしに活かす喜びや里山の魅力を繊細かつ迫力ある写真作品と切り絵作品で伝えます。
本体価格:2,500円
ページ数:160ページ  オールカラー
写真点数:144点 
ISBN:9784909532176
サイズ:B5変型(縦257mm×横186mm)
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版
 
関連書籍

Aurelian 自然と暮らす切り紙の世界

 

「Aurelian 自然と暮らす切り紙の世界」

魔法のはさみ

 

『魔法のはさみ』