永遠の海
永遠の海
 
いつまでも残したいとっておきの海
半世紀以上にわたり海の撮影を続けている水中写真家 中村征夫。「海は潜るたびに異なる表情を見せ、常に新たな発見を与え続けてくれる」と、語ります。太陽の光でかがやく青い海や見事なサンゴ、鮮やかでかわいい魚たち。それらの写真を通して、美しい海景と命の豊かさをいつも私たちに教えてくれます。また彼は、海をめぐる人々の営みや東京湾での環境も精力的に取材し、社会性のあるテーマにも取り組んできました。
本書では、パラオ・沖縄の最新作を中心に、世界の海を旅し記録した中から約150点を収録。透明度の高いミクロネシア、世界に誇る沖縄のサンゴ、震災からよみがえる三陸海岸の海、水深1300mの深海の世界、鮮やかな紅海など、撮り下ろしや未発表の作品も多数紹介します。中村征夫ならではのぶれない視点でとらえた海の現実、永遠に残したい豊かな海中の絶景をストレートに伝える写真集です。
 
構成
第1章  ミクロネシア − 豊饒の海
第2章  沖縄 − サンゴ礁の森
第3章  三陸海岸 − よみがえる海
第4章  深海 − 水深1300mの生命
第5章  永遠の海 − 虹色に輝く光景
定価:本体2,000円+税
サイズ:B5変型
200ページ
ISBNコード:978-4-904845-89-9
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版
 
関連書籍

海への旅

 

『海への旅』

世界一の珊瑚礁

 

『世界一の珊瑚礁』