その先の世界へ
その先の世界へ
 
絶望と希望、逡巡と確信、不安と安寧。
刻々と変化する世界の中で、時代の波に飲み込まれていくもの、動じないもの、
その両者の狭間で生きる人々の姿を捉えたい。
世界の紛争地、辺境の地を駆け抜けてきた写真家・長倉洋海が、世界各地で出会った、人々の生と死の先にあるものを切り取った。著者渾身の最新刊!!
 
構成
第1章 名誉のために-アフガニスタン 2013年
第2章 美しく楽しく-モザンビーク/アンゴラ 2007年
第3章 花に人生を重ねる-スリランカ 2013年
第4章 山上の神々-トルコ 2013年
第5章 鳥のように-パプアニューギニア 2013年
第6章 道は続く-新疆ウイグル自治区(中国) 2005年/2008年
第7章 天に祈る-チベット(中国/ネパール) 2005年/2008年
第8章 死者を迎えて-メキシコ 2013年
第9章 国境を越えて-チャド 2013年
エピローグ その先にあるもの
■価格:本体価格:2,500円+税
■ページ数:180ページ
■発売日:10月上旬
■ISBN: 978-4-904845-40-0
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版
 
関連書籍

微笑みの降る星

 

『微笑みの降る星』