日本の自画像
日本の自画像
 
写真が描く戦後1945-1964
戦後日本の写真界を代表する写真家がとらえた作品から、写真の作品的な価値とその表現する内容が、いかに時代をよくとらえたかという観点で精選した約170点のモノクロ作品で展観いたします。

本展は、世界に初めて紹介される戦後日本写真についての広範な考察であり、社会的な大変動に際して、日本人がいかに民俗としての強靭さと深い芸術的な才能を見せたかへのオマージュでもあります。

写真
石元泰博 / 川田喜久治 / 木村 伊兵衛田沼 武能 / 東松照明 / 土門 拳長野 重一 / 奈良原一高 / 濱谷 浩林 忠彦 / 細江英公
 
構成
1 敗戦の余波
2 伝統と近代のはざまで
3 新しい日本へ
定価:本体2,400円+税
サイズ:B5
ページ数:240
ISBNコード:978-4-904845-24-0
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版
 
関連書籍

土門拳の室生寺

 

『土門拳の室生寺』

東京わが残像 1948-1964

 

『東京わが残像 1948-1964』

時代を刻んだ貌

 

『時代を刻んだ貌』

昭和のこども

 

『昭和のこども』

昭和

 

『昭和』

昭和の記憶

 

『昭和の記憶』

土門拳の古寺巡礼

 

『土門拳の古寺巡礼』

土門拳の昭和

 

『土門拳の昭和』