土門拳の古寺巡礼
土門拳の古寺巡礼
 
永遠の光を放つ名作
戦時中に全国の古寺を巡り、車椅子になっても撮影を続けた不屈の写真家・土門拳の永遠の名作を「ぼくの好きなもの」「古寺巡礼」「仏像行脚」「母なる寺・室生寺」の4部構成で一望する。昭和15年~53年までの代表作171点と名エッセイを収録。あとがきに宗教学者・山折哲雄、美術家・横尾忠則、八王子夢美術館館長・伊藤由美子。
 
構成
ぼくの好きなもの
『古寺巡礼』
仏像行脚
母なる寺・室生寺
雪の室生寺
定価:本体2,400円+税
サイズ:B5変
ページ数:200
ISBNコード:978-4-904845-13-4
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版
 
関連書籍

土門拳の室生寺

 

『土門拳の室生寺』

昭和のこども

 

『昭和のこども』

昭和

 

『昭和』

日本の自画像

 

『日本の自画像』

昭和の記憶

 

『昭和の記憶』

土門拳の昭和

 

『土門拳の昭和』