「鉄道ものがたり」
 
時代とともに列車は走る――
鉄道写真の第一人者・広田尚敬は日本の鉄道を60年以上にわたって見つめ続けてきました。
躍動感あふれる列車、駅や列車内を舞台にした詩情あふれる人間物語――。
鉄道を舞台に繰り広げられる、人々を惹きつけてやまないシーンを、広田は記録し続けました。

本写真展は、広田が世界中で撮影した膨大な作品群から、国内の作品に絞った約180点を抜粋しました。
蒸気機関車から新幹線まで、鉄道を通じて写しだされた作品たちは、同時に激動の時代を駆け抜けた日本の歴史の変遷の縮図ともいえます。鉄道ファンのみならず、同時代を生きる全ての人々にお楽しみいただける写真展です。

●会場内放映映像(広田尚敬による作品解説)
http://goo.gl/S3qk7H
会場内放映映像(広田尚敬による作品解説)
 
構成
第1章 永遠の蒸気機関車たち   カラー約20点
1975年12月24日に国内の蒸気機関車は列車運行を終了しました。
最後の時に向かって走り続ける各地の蒸気機関車の姿を鮮やかな
カラー作品(コダクロームKⅡ・KR)でご覧いただきます。

第2章 蒸気機関車を追って    モノクロ 約40点
広田作品の真髄とも言えるモノクロ蒸気機関車作品で構成します。
前半では、驀進する名機C62の姿や、雪の狩勝峠(根室本線)を
越える蒸気機関車の姿をご覧いただきます。
後半では、現役蒸気機関車の姿を追って厳冬の北海道を旅する
若き広田の足取りを辿ります。この昭和三十四年二月(1959年)の
撮影行では旅先の人々との心温まるエピソードが生まれました。

第3章 僕と鉄道     カラー・モノクロ 約50点
のどかな各地のローカル線の味わい、人と鉄道との関わりなど
車両写真だけではない鉄道写真の持つ別の魅力を感じていただきます。80年代を中心に、近年の作品も含めた展示となります。

第4章 鉄道のくに      カラー 約70点
広田は70~80年代を中心に北海道から九州までの国鉄全線を撮影
しました。第4章ではこれらの作品群を中心に展示します。日本
の四季を背景に各地を走る列車の姿、鉄道を通して見えてくる当
時の人々の暮らしなどをご覧いただきます。一部に特急、ブルー
トレイン作品を含む構成となります。 
 
展示作品イメージ
東北本線 乙供~上北町 ED75 特急ゆうづる 1977年3月  ©Naotaka Hirota
東北本線 乙供~上北町 ED75 特急ゆうづる 1977年3月 ©Naotaka Hirota
東北本線 乙供~上北町 ED75 特急ゆうづる 1977年3月  ©Naotaka Hirota石北本線 金華~常紋 D51 444 1975年3月16日  ©Naotaka Hirota 函館本線 目名~上目名 C62 27 1965年2月  ©Naotaka Hirota日豊本線 日向沓掛〜田野 C55 52 1973年  ©Naotaka Hirota東海道新幹線 三島〜新富士 100系 1994年1月23日  ©Naotaka Hirota磐越西線 C57 180 2014年3月19日  ©Naotaka Hirota高千穂線 高千穂 キハ20 1984年11月8日  ©Naotaka Hirota名寄本線 興部 キハ40 1985年1月10日  ©Naotaka Hirota
 
会場風景
©『鉄道ものがたり』展
©『鉄道ものがたり』展
©『鉄道ものがたり』展©『鉄道ものがたり』展©『鉄道ものがたり』展©『鉄道ものがたり』展©『鉄道ものがたり』展
 
「鉄道ものがたり」 巡回一覧
2014年
12月20日(土)~ 12月30日(火) 東武百貨店 船橋店

2015年
7月18日(土)~ 8月16日(日) 八戸市美術館