「写真家が捉えた 昭和のこども」
 
どんな時にも笑顔があった!
 子どもは時代を映す鏡です。
 昭和の64年は、歴代元号最長であったばかりでなく、日中戦争から第二次世界大戦、敗戦・復興・成長と、まさに疾風怒濤の時代でした。子どもたちを取り巻く生活環境も価値観も、これほど短期に劇的変化を遂げたことはかつてありません。
 写真家が意識的に子どもを被写体とした場合も、そうでない場合でも、そこに写り込んだ子どもたちの姿には、明らかに世界の変貌のありようが映し出されています。
 平和の時代から軍事色が高まり、ついには学童疎開、勤労動員、軍事教練と戦時体制下に置かれた戦前・戦中。廃墟のなかで生き抜く戦災孤児、戦後の子沢山の時代、経済成長の影で打ち捨てられていく地方。土埃の道や広場がなくなり、自動車があふれる時代。そしてアニメに夢中、塾通いと、路上から次第に子どもが消えていく……。

 子どもの写真は、見る人それぞれが自らの幼い日々を重ね合わせ、記憶を甦らせる強いインパクトをもち、心を温かくしてくれます。ことに無心に群れ遊ぶ子どもの姿からは、ワクワクする気分が伝わり、思わず笑みが浮かびます。
 本展は、木村伊兵衛、土門拳、濱谷浩、林忠彦ら日本の写真史に名を残す写真家の作品を中心に、各地方で写真活動を続けた写真家を含めた、全19名の写真家が捉えた、たくましく微笑ましい姿を含め、昭和の子どもたちを一望にします。
 子どもの姿を通して、昭和の歩みをさまざまな視点から辿る構成で、鑑賞後、対話が弾む展覧会になることを期しています。
 
出展作家・構成
木村伊兵衛  入江泰吉  熊谷元一
土門拳    植田正治  桑原甲子雄
飛彈野数右衛門      緑川洋一
濱谷浩    山端庸介  林忠彦
井上孝治   岩宮武二  芳賀日出男
長野重一   麦島勝   田沼武能
熊切圭介   齋藤康一

第1章 戦前のこどもたち
第2章 困難な時代を生きる
第3章 働くこどもたち
第4章 楽しい学校生活
第5章 腕白小僧とお転婆娘
第6章 祭りと歳時記
第7章 高度経済成長のもとで
 
展示作品イメージ
鳥追い 村の子供 新潟県・桑取谷 昭和15~21年(1940~46) 濱谷浩
鳥追い 村の子供 新潟県・桑取谷 昭和15~21年(1940~46) 濱谷浩
鳥追い 村の子供 新潟県・桑取谷 昭和15~21年(1940~46) 濱谷浩 紙芝居 東京・月島 昭和29年(1954) 木村伊兵衛大きな魚が捕れた 沖縄・糸満漁港 昭和34年(1959) 井上孝治コッペパンをかじる 長野県・会地村 昭和28年(1953) 熊谷元一 笑う子 東京・江東 昭和28年(1953) 土門拳紙のリボン  香川県高松市・西浜港 昭和27年(1952) 緑川洋一 道に落書きをする子どもたち  東京・浅草 昭和36年(1961) 田沼武能交通戦争 埼玉県・桶川町 昭和44年(1969) 熊切圭介
 
会場風景
八王子市夢美術館
八王子市夢美術館
八王子市夢美術館八王子市夢美術館八王子市夢美術館八王子市夢美術館八王子市夢美術館
 
「写真家が捉えた 昭和のこども」 巡回一覧
2014年
9月12日(金)~ 11月9日(日) 八王子市夢美術館

2015年
4月25日(土)~ 6月14日(日) 川越市立美術館
9月11日(金)~ 9月30日(水) フジフイルム スクエア

2016年
4月29日(金)~ 5月19日(木) MUJIキャナルシティ博多
6月8日(水)~ 6月26日(日) 無印良品 名古屋名鉄百貨店
7月12日(火)~ 7月24日(日) 無印良品 仙台ロフト
7月29日(金)~ 8月10日(水) フジフイルムフォトサロン大阪
9月7日(水)~ 9月25日(日) 無印良品 岡山ロッツ
9月30日(金)~ 10月16日(日) 無印良品 有楽町

2017年
1月2日(月)~ 2月26日(日) 四日市市立博物館
4月20日(木)~ 8月29日(火) 土門拳記念館