「大地への想い」
 
大地への想い
「生態系からみた地球」というテーマに基づき、国内外の高峰や壮大な自然の営みを地球規模で撮り続ける水越武。本展は世界的に活躍する水越武の40年以上に及ぶ作家生活のなかから厳選した代表作品に、近作を加えた200点を展観する写真展です。

水越は1938(昭和18)年、愛知県豊橋市に生まれました。幼い頃から山の自然に親しみ、20代の頃、ナチュラリスト・田淵行男の写真集『高山蝶』に感銘をうけ、写真の道に進むことを決意、田淵から山に対するひたむきな姿勢や、自然をリアルに直視する洞察力を学びました。そして1971年に発表した 「穂高」のシリーズでは、厳然たる山の神髄を示し、山岳写真界に水越武の名を深く刻むこととなりました。

水越の視点は国内外の高峰から自然界の動植物に移り、日本の原生林や世界各地の熱帯雨林、近年では急激な温暖化で後退がすすむ世界各地の氷河など、地球全体をとりまく生態系がテーマとなっています。水越の「自然の多様性こそが、地球を美しく彩り、豊かな表情を与え、美しく調和させる」という言葉は、地球 に生きる私たち人類が、環境を常に視野に入れて生きてゆかなくてはならないというメッセージにほかなりません。

水越の豊饒な写真世界を一望する本展覧会は、地球規模ですすむ自然破壊への警告だけではなく、生命の多様性と美しさを呈する作品として、私たちに深い感動を与えてくれるのではないでしょうか。
 
構成
第一部「奇跡の星・地球」 62点(カラー)
第二部「水の回廊・日本列島」 90点(カラー)
第三部「天空のかおり・山岳」 48点(モノクロ)
 
展示作品イメージ
"日の出,カラコルム,パキスタン,1979年"©Takeshi Mizukoshi
"日の出,カラコルム,パキスタン,1979年"©Takeshi Mizukoshi
"日の出,カラコルム,パキスタン,1979年"©Takeshi Mizukoshi"ルウェンゾリ山,ウガンダ,2006年"©Takeshi Mizukoshi"絞め殺しの木,ボルネオ,1994年"©Takeshi Mizukoshi"知床岳,2004年"©Takeshi Mizukoshi"オオワシ,知床,2003年"©Takeshi Mizukoshi"大正池の朝,上高地,北アルプス,1975年"©Takeshi Mizukoshi"ホーク,インド,1979年"©Takeshi Mizukoshi"風紋,北アルプス,1968年"©Takeshi Mizukoshi
 
会場風景
北海道立釧路芸術館
北海道立釧路芸術館
北海道立釧路芸術館北海道立釧路芸術館北海道立釧路芸術館北海道立釧路芸術館北海道立釧路芸術館
 
「大地への想い」 巡回一覧
2006年
6月17日(土)~ 7月16日(日) 豊橋市美術博物館
9月16日(土)~ 11月15日(水) 釧路芸術館

2007年
5月12日(土)~ 7月1日(日) 東京都写真美術館
9月17日(月)~ 10月8日(月) 札幌市写真ライブラリー

2010年
7月17日(土)~ 8月22日(日) 安曇野市豊科近代美術館