「土門拳の昭和」
 
土門拳の昭和
日本写真史のみならず、昭和という時代にまぎれもない巨歩をしるした土門拳。昭和10年(1935)「報道写真」を掲げる制作集団『日本工房』に参加してから、脳血栓で倒れる昭和54年(1979)まで足かけ45年にわたる土門拳の作家活動は、日中戦争、太平洋戦争、敗戦、戦後復興から高度成長期に至る、空前絶後ともいえる「昭和」の激動期と重なるものでした。その渦中に身を置いた土門は、ドキュメント、人物、古美術、建築、風景と、あらゆる被写体につねに全力でぶつかり、そのいずれの分野においても不朽の名作を生み出しました。さらには強いメッセージを込めた写真論によって、当時のアマチュア写真家たちを大いに鼓舞し、その後の日本写真界に多大な影響を与えました。

本展は、精選された約300点を一堂に展示、一人の写真家が自分の生きた時代として撮った「昭和」、鋭い目で選び出した「日本の美」を一望にすることで、土門拳の全業績をたどります。
 
構成
1.戦前・戦中の仕事(昭和10 ~ 19=1935 ~ 44)
2.戦後日本の歩みとともに(昭和21 ~ 42=1946 ~ 67)
3.風貌(昭和11 ~ 42=1936 ~ 67)
4.日本の美
 ①古寺巡礼(昭和36 ~ 54=1961 ~ 79)
 ②日本の美(昭和36 ~ 54=1961 ~ 79)


●会場内放映映像
激動日本を捉えた写真家・土門拳
http://goo.gl/hciBxb
 
展示作品イメージ
しんこ細工 東京・浅草雷門 昭和26?32©Ken Domon
しんこ細工 東京・浅草雷門 昭和26?32©Ken Domon
しんこ細工 東京・浅草雷門 昭和26?32©Ken Domon近藤勇と鞍馬天狗 昭和30年©Ken Domon筑豊のこどもたち るみえちゃん 昭和34年©Ken Domon座り込み 昭和30年©Ken Domon原爆ドーム 昭和32年©Ken Domon文楽 吉田文五郎の左手 昭和16年©Ken Domon志賀直哉 熱海・自宅©Ken Domon横須賀海兵団の訓練 昭和17年©Ken Domon
 
会場風景
青森県立郷土館
青森県立郷土館
青森県立郷土館青森県立郷土館青森県立郷土館青森県立郷土館青森県立郷土館
 
「土門拳の昭和」 巡回一覧
2009年
2月24日(火)~ 3月8日(日) 日本橋三越
12月10日(木)~ 1月31日(日) 山形美術館

2010年
4月10日(土)~ 6月20日(日) 高崎市タワー美術館
7月31日(土)~ 9月26日(日) 石川県七尾美術館
10月1日(金)~ 12月26日(日) 土門拳記念館

2011年
4月2日(土)~ 5月8日(日) 調布市文化会館たづくり
5月20日(金)~ 7月3日(日) 青森県郷土館
7月16日(土)~ 9月4日(日) 松本市美術館

2012年
2月23日(木)~ 4月1日(日) 奥田玄宗小由女美術館
5月15日(火)~ 6月24日(日) 沖縄県美術館

2013年
4月13日(土)~ 6月2日(日) 砺波市美術館

2014年
1月11日(土)~ 2月2日(日) 札幌 JRタワー プラニスホール
 
関連展覧会

よみがえる不朽の名作「オールカラー版 土門拳の古寺巡礼」

 
よみがえる不朽の名作「オールカラー版 土門拳の古寺巡礼」

土門拳写真展「土門拳の古寺巡礼」

 
土門拳写真展「土門拳の古寺巡礼」